チャコールジンセンと他ドリンクを比較しました!

チャコールジンセンと他ドリンクを比較しました!

チャコールジンセンと他社の黒いドリンクを徹底比較してみました!

チャコールジンセンは黒いドリンクの中では後発組で、今まで発売されていた黒いドリンクを参考にしている部分もあります

他のドリンクにするかチャコールジンセンにするか、購入を迷っている人は参考にしてみてください!

チャコールジンセンと他の黒いドリンクを比較!

チャコールジンセンを徹底比較!他黒いドリンクとの比較を見ていきましょう。

チャコールジンセンと他の黒いドリンクを比較!

チャコールジンセンは2020年6月に販売されている黒いドリンクで、以前までチャコールを使っている有名な黒いドリンクと比べると歴史は浅いです。

その分、チャコールジンセンは他の類似商品のいいところも取り入れて製造されているのは良いところのひとつです。

これから黒いドリンクの新商品が出るまでは、チャコールジンセンは他の類似商品と比較して有利な部分が多いです。

また、チャコールジンセンと他の黒いドリンクを比較した時、「成分の違い」も顕著に現れています。

「チャコール(活性炭)」が使われているのは黒いドリンク界隈で共通している部分ですが、「ジンセン」はオリジナルです。

他の黒いドリンクの「ダーククレンズ」や「チャコールコーヒー」にはない成分で、健康サポート効果が高くなってます。

チャコールジンセンとチャコールコーヒーを比較しました!

チャコールジンセンとチャコールコーヒーを比較してみました!

チャコールジンセンとチャコールコーヒーを比較しました!

チャコールジンセンとチャコールコーヒーの主な違いは「コーヒーとして売られているかどうか」でしょう。

「コーヒー」と付いているだけあって、チャコールコーヒーは多くの人がコーヒーとして飲んでいます。

対するチャコールジンセンは同じく真っ黒な飲み物ではありますが、ジンジャーベリー風味でコーヒーとはほど遠い風味でした。

「コーヒーが好きかどうか」も、ジンセンとコーヒーのどちらを購入するかのポイントになると考えてください。

成分はどちらも「赤松の炭」が使われています。

ジンセンはチャコールジンセンにだけある成分で、その代わりチャコールコーヒーには「クロロゲン酸」等のコーヒー豆に含まれる成分や「MCTオイル」等の体脂肪として蓄積されにくい成分が含まれています。

どちらもダイエット食品としてあった方がいい成分ですが、例えば「チャコールジンセンと普通のコーヒーを摂取する」だけでもクロロゲン酸は摂取できます。

ジンセンを摂取できる部分を考えると、チャコールジンセンの方がコーヒーより成分的にはレアです。

また、ジンセンとコーヒーの口コミは、チャコールコーヒーの方が圧倒的に多いです。

販売期間が長いのも理由ですが、「コーヒーだから気軽に飲める」と考えているユーザーが多いのも注目すべきポイントです。

チャコールジンセンとダーククレンズを比べると!?

チャコールジンセンとダーククレンズの比較を紹介します。

チャコールジンセンとダーククレンズを比べると!?

この2つを比較した際にまずはっきりわかるのは「成分が他の黒いドリンクよりも近い」部分でしょう。

公式サイトで大々的に告知されている「活性炭」ですが、チャコールジンセンもダーククレンズも赤松の炭、椰子ガラ活性炭、国産竹炭等が使われていて、チャコール部分を根強く支えています。

ひとつひとつに肌荒れ防止や代謝をよくする効果が含まれていて、健康食品にはぜひあってほしい効果とも考えられています。

お互いに近い黒いドリンクだと考えても問題はありませんが、チャコールジンセンのジンセンはダーククレンズには使われていません。

その代わりダーククレンズは腸内環境を整えるための乳酸菌が豊富でした。

チャコールジンセンとダーククレンズとで飲み方が違うのも差別化できるポイントです。

チャコールジンセンは小包に必要な粉末が含まれていますが、ダーククレンズは最初から液体です。

液体だとつい飲みすぎてしまうので、あらかじめ1回で飲む分量が決められているチャコールジンセンの方が少しだけ使いやすいです。

チェック
価格はどちらも同じくらいで、初回500円限定はどちらも共通、チャコールジンセンは2回目以降で1つあたり5,980円、ダーククレンズは約6,500円です。

チャコールジンセンとビークレンズの比較!

チャコールジンセンとビークレンズを徹底比較していきます!

チャコールジンセンとビークレンズの比較!

チャコールジンセンが「チャコール+ジンセン」を武器にしているとしたら、ビークレンズは「チャコール+コンブ茶」を武器にしている黒い飲み物です。

ダイエットサポートやキレイサポート効果があるのはチャコールジンセンもビークレンズも同じです。

ただし、ジンセンが使われているチャコールジンセンはジンセン分の健康サポート力があります。

逆に、コンブ茶が使われているビークレンズはコンブ茶に含まれているカルシウムやミネラル等の美容にいい成分のおかげで、その分美容に強いと考えてください。

ジンセンにも美容成分は含まれていますし、ビークレンズの健康サポート効果も良いものばかりではあります。

しかし、「よりどちらを取るか」を自分であらかじめ決めていた場合は、チャコールジンセンかビークレンズのどちらを購入するかの指標になります。

価格は、チャコールジンセンよりビークレンズの方がやや高く、1つあたり500円の違いがあります。

チャコールジンセンは5,980円、ビークレンズは6,480円ですが、どちらも初回購入に限り格安で販売されます。

味はジンセンはジンジャーベリー味でビークレンズはルージュベリー、どちらもベリー系統でやや酸っぱいです。

チャコールジンセンとウルトラチャコール、どちらが良い!?

チャコールジンセンとウルトラチャコールの比較を紹介します。

チャコールジンセンとウルトラチャコール、どちらが良い!?

チャコールジンセンとウルトラチャコールもどちらも黒い飲み物として有名ですが、味はチャコールジンセンがジンジャーベリー、ウルトラチャコールがバナナ味と、同じ真っ黒なのに全然違います。

ややウルトラチャコールの方がとろみがありお腹に溜まりやすい印象がありますが、ウルトラチャコールは1袋に粉がまとめて入れられているため、分量の調整はやや面倒です。

ジンセンとウルトラを全く同じ分量使って水で溶かした場合、ウルトラの方が長持ちします(含まれている容量がジンセン90g、ウルトラ150gだからです)。

価格もチャコールジンセンよりウルトラチャコールの方が安いのが特徴ですが、チャコールジンセンの「初回500円」での販売はウルトラチャコールにはありません。

ちなみにチャコールジンセンは1つあたり5,980円でウルトラチャコールは1,980円です。

成分はどちらも活性炭が使われていて、ウルトラには「グルコマンナン」「サイリウム」が主に含まれています。

グルコマンナンがお腹を膨らませる効果を持つ成分なので、据え置きダイエットとしてはウルトラの方が汎用性は高そうです。

もちろん「ジンセン」の健康サポート、体内の活性化も捨てがたい効果です!

チャコールジンセンのまとめ

チャコールジンセンと他の黒いドリンクを徹底比較してみました。

チャコールジンセンのまとめ

どのドリンクにもそれぞれ良いところはありますが、チャコールジンセンの「ジンセン」の部分はチャコールジンセンにしかないメリットです。

他の黒いドリンクに使われていてチャコールジンセンには使われていない成分等もありますが、それよりもジンセンを選びたい場合は、まずチャコールジンセンが購入対象になるはずです。

もし、チャコールジンセン以外の飲み物に気になる効果等がある場合は、そちらも合わせてチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です